Story of 加藤義人

岐阜県土岐郡笠原町(現在は岐阜県多治見市)出身。

 

小学生の頃は少年団で野球をし、中学時代は卓球部に所属し、東海大会にまで出場する地元ではまぁまぁ活躍。

 

高校受験で激太りをし、高校時代は特に痩せることもなく体重75㎏を順調に維持し。大学受験の際には夜食がおいしくてさらに増量を重ねる。

 

高校卒業し、将来は弁護士になりたいという夢を胸に中央大学法学部法律学科に入学し、学研連「済美会」にはいり真面目に司法試験合格に向けて勉強を始める。が、同時に「中央大学競技ダンス研究会」にも出会ってしまい、社交ダンスに見事にハマってしまう。余談ではあるが1年間でいつの間にか体重が65㎏まで落ちていた。

 

大学2年生になり現在の勤務先でもある「二ツ森亨ダンスアカデミー」(当時は二ッ森亨教養講座という名前でした)に通い始め、二ッ森亨、由美に師事。

 

競技ダンス部にどっぷり浸かっていながらも、当初の目的である弁護士になるは諦めず大学4年生の時に受験するも撃沈。翌年も自主的に大学5年生となり司法試験を受ける。競技ダンス部卒部後もアマチュアとして競技に出ていたところ「同じ先生って呼ばれる仕事でもダンスの先生のほうが試験は簡単だよ」という師である二ッ森由美の言葉に衝撃を受け、プロダンサーとしての人生が始まる。

 

2011年6月より小林とパートナーシップを結成し、現在に至る。

 

好きな種目:サンバ、スローフォクストロット

好きな食べ物:燻製、もやし、いかそうめん

好きな漫画:キングダム

Story of 小林維斗

東京都狛江市出身。実家の電話番号が東京市部である「03」であることに誇りを持つ。

 

幼少期は体が弱く、親の計らいでクラシックバレエを始める。

 

高校時代はバレエを離れ、剣道部に所属。得意技は「押し出し」

 

高校卒業後、専門学校に通い猛勉強の末臨床検査技師の国家資格を取得。

 

検査技師として仕事をする傍ら、好きなダンスをやりたいと社交ダンス教室に通い始める。その後ヤングサークルにも所属し、アマチュアとして競技の世界へ。

 

2011年より加藤とパートナーシップを組み、プロフェッショナルダンサーとしてのキャリアをスタート。検査技師とプロダンサーという全く違うフィールドにて現在活動中。

 

好きな食べ物:シャインマスカット

特技:絵を描くこと(個展開いて売ってました)

こだわり:舟和は芋羊羹よりあんこ玉

 


戦 績

JCF東部総局ラテンアメリカン A級/ボールルーム A級

 

◎JCF全日本ファイナリスト

◎統一全日本10ダンス選手権 ファイナリスト

◎東部日本10ダンス選手権 優勝

◎関東ラテン選手権 優勝

◎ダンシングギャラクシーIN兵庫 ラテン優勝

◎ユニバーサルダンスグランプリ ラテンファイナリスト

◎ギャラクシーマスターズ ラテンセミファイナル

◎JCF殊勲選手賞受賞

 

その他

◎NHK大河ドラマ「花燃ゆ」 ダンスシーン指導&エキストラ出演等ドラマや映画のダンスシーンの指導